ハイレバ スキャルピング手法について。

レバレッジ1000倍でのトレード未経験者やレバレッジ400倍のトレード未経験者がハイレバ スキャルピングに対して抱くイメージは、レバレッジを上げた分だけ、自分が得られるリターンを増やすことができるし、もしかしたら、海外FX口座のハイレバスキャルピングで億万長者になれるかもしれないというもの。これに関して言えることは、ハイレバは無限の可能性に満ち溢れるものではるが、ハイレバでミスると社会の底辺になることもある。

レバレッジ1000倍のトレード体験者や、レバレッジ555倍のトレード体験者がハイレバ スキャルピングに対して抱くイメージは、レバレッジを上げるリスクのことばかり考えてしまい、海外FX口座でハイレバスキャルピングをするという決断ができないというも。これに関して言えれば、ハイレバで一度でも損失をだした体験があるFXトレーダーは、、ハイレバ利用を控えるようになる傾向がある。今回は、ハイレバ スキャルピング手法について。触れていきます。

ハイレバ スキャルピング手法とは?

ハイレバ スキャルピング手法の概要は、海外FXのgemoforexオールインワン口座でレバレッジ1000倍スキャルピングをしたりすることや、海外FXのgemforexノースプレッド口座でレバレッジ500倍でスキャルピングをすることや、XMスタンダード口座でレバレッジ888倍でスキャルピングをすることや、XMゼロ口座でレバレッジ100倍でスキャルピングすることや、iforexエリート口座でレバレッジ400倍デスキャルピングをすることなどとなっています。今回は、ハイレバスキャルピングの手法について触れていきます。

ハイレバ スキャルピングの手法には、1週間スパンでのドル円天井・ドル円大底を探すこと。&1日スパンでのドル円天井・ドル円の大底を探すこと&1ヶ月スパンでドル円天井・ドル円大底を探すこと。&ナンピンを1回もしないルールでハイレバスキャルピングをすること。&エントリーしたくなったときに、エントリーすることを我慢すること。&経済指標スキャルピングで勝てないことを認識すること。&レンジ相場の天井・大底を基本的には外すという認識をもつこと。&トレンドが発生する流れを理解しておくこと。&ハイレバスキャルピングに向いていないこと。&時と場合には低レバスキャルピングをしてもいい。&自分の都合を持ち込まないこと。&利益がでようが出まいがどうでもいいと思うこと。などがあります。

1.1週間スパンでのドル円天井・ドル円大底を探すこと。

1週間スパンでのドル円天井を見つけようとせずに、ハイレバ スキャルピングをする人は、含み損400pipsを抱えることになる糞ドル円ポジションを持つことになります。これが嫌なのであれば、1週間スパンでドル円天井を見つける癖をつけ、ドル円天井付近でドル円、100枚売りでしかけたりするようにしましょう。

1週間スパンでのドル円大底を見つけようとしないで、ハイレバ スキャルピングをする人は、含み損600pipsを抱える苦しみと2ヶ月以上戦うことになります。これが嫌すぎるなと感じるのであれば、1週間スパンでドル円大底を見つける癖をつけ、ドル円大底付近でドル円200枚買いをしかけたりしましょう。

2.1日スパンでのドル円天井・ドル円の大底を探すこと

1日スパンでドル円のハイレバスキャルピングをするのであれば、1ヶ月スパンでのドル円大底・ドル円天井をみつけるということを重視することをやめて、1日スパンでドル円の天井・ドル円大底を見つける癖を身につけるようにしよう。そうすることで、1日単位のドル円大底・天井を見つけられるスキルが身につきます。

3.1ヶ月スパンでドル円天井・ドル円大底を探すこと。

1日スパン、5日スパン・7日スパンのハイレバスキャルで利益を出すことよりも、1ヶ月スパンの値動きを重視したハイレバ スキャルピングで利益をだしたいという人は、1日スパン、5日スパン・7日スパンのドル円天井・大底を探すことを辞めて、1ヶ月スパンでドル円天井・大底をさがすようにしましょう。さすれば、1ヶ月スパンでのドル円・ハイレバスキャルピングで、それ相応の利益がだせます。

4.ナンピンを1回もしないルールでハイレバスキャルピングをすること。

ナンピンを1回もしないルールで、海外FX口座で50枚固定のハイレバ スキャルピングをすると、50枚分に応じて、損失額が増えていきますし、損失額が自分の許容量を超えることもない。逆に、ナンピンを5回もするルールで、海外FX口座で50枚固定のハイレバスキャルピングをすると、ナンピン5回分250枚に応じて、損失額が増えていきますし、損失額が自分で許容できない額になります。これらのうち前者でいれば、海外FXで10年生き残れるが、後者でいれば海外FXで1ヶ月しか生き残れない。

5.エントリーしたくなったときに、エントリーすることを我慢すること。

エントリーしたくなったときに、エントリーをする習慣を持つ人は、ハイレバスキャルピングをしたくなったときに、海外FX口座でハイレバスキャルピングを実践してしまいます。これに該当する人は、運が悪ければ、ハイレバスキャルピング時に50pipsの損切りをすることになります。

エントリーしたくなったときに、エントリーをすることを我慢する人は、ハイレバスキャルピングをしなかったおかげで、海外FX口座で損失60万円発生する体験しなくても済んだりします。これに該当する人は、ハイレバスキャルピングだけでなく、低レバのデイトレード中にも、デイトレードをしないという選択ができます。

6.経済指標スキャルピングで勝てないことを認識すること。

絶対に勝てると思っていたADP雇用統計経済指標のスキャルピングで損失をだしたり、絶対に勝てると思っていたISMイベントでのスキャルピングでも損失をだしたりする体験をすると、経済指標スキャルピングで絶対に勝てることはないんだという認識をもちます。

7.レンジ相場の天井・大底を基本的には外すという認識をもつこと。

レンジ相場の天井を絶対に当てられると思っている人ほど、レンジ相場の天井を外してしまい、ハイレバ スキャルピングで大損します。これに該当する人は、レンジ相場の天井を当てられるという傲慢な気持ちを捨てて、レンジ相場の天井・大底を基本的には外すという認識をもつようにしよう。

レンジ相場の大底を絶対に当てられると思い込みが強い人ほど、レンジ相場の大底を外してしまい、ハイレバ スキャルピングで70万円ほどの損失を出します。これに該当する人は、レンジ相場で大底を当てられるという傲慢な気持ちをすてて、レンジ相場の大底を基本的には外すという認識を持とう。

8.トレンドが発生する流れを理解しておくこと。

トレンドが発生する流れ、トレンドが発生してからの値動きを理解しておくと、トレンド方向に順張りするというハイレバ スキャルピングを実践することができますし、ハイレバ スキャルピングでも利益を出すことができます。

9.ハイレバスキャルピングに向いていないこと。

ハイレバを活用した瞬間、極度のプレッシャーを感じたり、凄まじいパニックになったりする人は、ハイレバスキャルピングに向いていないし、ハイレバスキャルピングをやらないほうがいい。これに該当する人は、ハイレバ スキャルピングで勝ち続けることを自分の選択肢から外して、低レバレッジで生き残る戦略をとろう。

10.時と場合には低レバスキャルピングをしてもいい。

優位性が皆無のところでハイレバ スキャルピングをしても、損失を発生させることになりますから、優位性が皆無だと感じたら、退場確率0パーセントの低レバレッジでスキャルピングをしよう。また、優位性が高いところでハイレバ スキャルピングをすると、高確率で利益を発生させることができますから、優位性ありと感じたら、レバレッジ1000倍スキャルピングを実践しよう。

11.自分の都合を持ち込まないこと。

自分の都合〔1日2000円は利益を出さないといけない、月収50万円達成しないといけない〕を持ち込んでハイレバスキャルピングをするときに限って、難易度が高い為替相場に参加することになります。これに該当する人は、難易度が高い為替相場でのハイレバスキャルピングで、累計110pipsの損失を生み出すことになります。

自分の都合を一切持ち込まずに、ハイレバスキャルピングをするときに限って、難易度が低い為替相場に参加することになります。これに該当する人は、難易度が低い為替相場でのハイレバスキャルピングで累計120pipsの利益を生み出すことになります。

12.利益がでようが出まいがどうでもいいと思うこと。

ハイレバ スキャルピング時に、利益を出すことが重要であると感じている人は、絶対に参加を控えたほうがいいドル円相場時に、ハイレバスキャルピングを実行して、30pips~50pipsの損切りをすることになります。逆に、ハイレバ スキャルピング時に利益が出ようでまいがどうでもいいと思う人は、参加したら絶対に利益が出るドル円相場でハイレバスキャルピングを実行して、30pipsの利益確定することになります。これらのことからわかることは、利益がでようが出まいがどうでもいいと思うことは正義。

ハイレバ スキャルピング手法を利用する層

資金力1万円~50万円の層がレバレッジ5倍でスキャルピングをすることで得られる結果は、月額2万円~月額3万円が限界となっている。この事実を悲観的に捉えたものが、1万円入金完了の海外FX口座でハイレバ スキャルピングをしたりする行動を起こしています。

資金力が100万円~資金500万円の層は、資金100万円を失うのを恐れたり、資金300万円が0円になる現実を畏怖したり、資金500万円が40万円になる現実を畏怖している。これに該当するものは、NOT ハイレバスキャルピングとなりますし、YES低レバ固定スキャルピングとなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする